2012年09月06日

トレンドの反転を狙うのが逆張り?



FXでのトレンドとは、為替レートの流れや傾向、方向のこと。
前回の逆張りの定義と同じく、時間軸によって見方は変わります。



為替レートは、上がったり下がったりしながら動いていきます。
その上がったところに山、下がったところに谷ができます。

トレンドとは、安値の谷を切り上げながら、値を上げていく流れを上昇トレンド。
逆に、高値の山を切り下げながら、値を下げていく流れを下降トレンド。
このように、チャートの特徴で判断するのが一般的です。

逆張りの定義と、同じ例えが当てはまります。
日足のチャートでは上昇トレンドだけど、1時間足や5分足では下降トレンド。
この結論も、はっきり定義はできません。
自分のトレードスタイルを基準にしてればいいです。



発生しているトレンドの反転を狙うのは逆張りです。
どの時間足のチャートに於いても、ある程度のトレンドは発生しています。
5分足で下げ続けている下降トレンドで、買いでエントリーすれば逆張り。
けれどこれは、日足では上昇トレンドの順張りになっていたりします。
だから、反転を狙う、トレンドに逆らった逆張りを、怖がる必要はないです。



逆張り順張りのエントリー(入り口)より大事なことがあります。
それは、自分のトレードのプランの、エグジット(出口=決済)ルール。
特に逆行した場合のプランは入念にたてて、厳格に実行しなければなりません。

決済のプランをしっかりしたトレードをしていればいいんです。


posted by クロスカウンター at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 逆張り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。